ローヤルゼリーで気になる、喘息や食物、アトピーのアレルギー

ローヤルゼリーは健康食品ですが、一方でアレルギー症状を引き起こす場合もあります。
何らかのアレルギーがある方は、医師に相談の上、摂取可能と診断されたら少量から試してみる等の対応が必要です。

※乳児(1歳未満)はハチミツ、ローヤルゼリーは服用を控えて下さい。
ハチミツにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、1歳未満の場合は腸内細菌の量が少ないため、乳児ボツリヌス症に感染する恐れがあるからです。

花粉が原因で発症、苦しい喘息

喘息の原因としてアレルギーや自律神経の乱れ等、諸説ありますが、花粉もその要因の1つです。主にスギ、ヨモギ、ブタクサをはじめとして多くの植物に反応します。他には
カビやハウスダストも大きな原因で、特にカビは重症化の傾向があり注意が必要です。

喘息の症状

喘息の症状は炎症が起こった気道の箇所が刺激に対して敏感に反応し、収縮。気道が狭くなるため、ひどい時には呼吸が苦しくなる場合もあります。

花粉、アトピーは要注意

ローヤルゼリーは働きバチが自然の中から集めた花粉を体内で合成させたものです。従ってどの花の蜜を採集して来たのか分析することは難しく、アレルギーを持っている方が摂取する際には注意が必要です。
アトピー性皮膚炎を患っていると抗体反応により、アナフィラキシーショックに陥ることがあります。急に発症し、対処は一刻を争うため要注意。

一方でアトピーの方がローヤルゼリーを摂取した所、アトピーの症状が改善したと言うケースもあるようです。肌に効果的な成分が配合されていることが要因かもしれません。
いずれにしてもアレルギー体質の方の摂取は医師に相談の上、許可が出た場合、摂取量を抑えて服用することが大切です。

アナフィラキシーショックの症状

初期の症状としては、口の中の違和感、口唇のしびれ、喉の異常(喉が詰まった感じ)、めまい、耳鳴り、手足の冷え、尿意、便意等多岐に渡ります。

摂取後発症までの時間が短いほど重篤で、1分1秒を争う生命の危機のため、迅速な医師による診断・処置が必要です。

季節性のアレルギー性鼻炎、花粉症

花粉症は主に花粉に反応して目がかゆくなる、鼻やくしゃみ等の症状が一般的な季節性のアレルギー性鼻炎です。アレルギーの原因としてスギ、ヒノキが有名ですが、他にもブタクサやヨモギに反応するケースもあります。

アトピー性皮膚炎

強いかゆみを伴う湿疹で、子供に多い皮膚疾患です。しかし環境の変化や強いストレスにより、大人でもアトピーに悩む方が多いのが現状です。
かゆくいので掻くと皮膚が炎症を起こすこともあり、良くなったり、悪くなったりと完治するまで長くかかる病で、更にかゆみから熟睡できないといった悩みもあります。

アトピーの原因

主に牛乳、卵、小麦、大豆等の食材、それに加えてハウスダストやペットの毛等の外的要因もアトピーの原因と考えられています。
病院で検査を受けると自分がどの物質に反応するかがわかり、原因の物質を避けると症状の緩和に役立ちます。

食物アレルギー…摂取後即刻発症、生死に関わる急性と、遅延性フードアレルギー

食物アレルギーには摂取後、発症までの時間が異なる2種類があります。

アナフィラキシーショックになる急性の食物アレルギー

摂取後すぐに反応が出て、生死にかかわるアナフィラキシーショックに陥る急性アレルギーです。10~30分以内に処置をしないと生命に危険が及びます。
食物を口にしてすぐにかゆみ、しびれ等の違和感が生じた場合、即刻摂取を中止します。原因と思われる食材のチェックと早期に病院を受診することが重要です。

摂取後から発症まで時間を要する、遅延性アレルギー

摂取後数時間~数週間後に反応が出るため、原因が食物だと気づきにくい遅延性フードアレルギーがあります。遅延性の場合でも、摂取を継続すると、慢性の疲労感、体がだるい、腹痛等、体調が優れない状態になりますので、体調に異常を感じたら、医師に相談することが重要です。

口腔アレルギー症候群・ラテックスフルーツ症候群…花粉症の方は要注意

花粉症の方が果物や野菜を食べた後、約15分以内に直接触れた箇所の唇や口、喉にかゆみやしびれ、腹痛、喉が詰まる等の違和感を訴える場合があります。重症の場合は喘息の発作やアナフィラキシーショックに陥ります。

原因となる主な食材

果物…バラ科のリンゴ、モモ、サクランボ、イチゴ等。他はバナナ、キウイ、マンゴー、メロン等。
野菜…ニンジン、トマト、ジャガイモ、セロリ等。
ナッツ…ピーナッツ、アーモンド、クルミ等。

※果物アレルギー体質の方は、ラテックスを含むゴムにも同様のアレルギー反応を発症。

ハチアレルギー

 過去にスズメバチのような毒性の強いハチに刺された経験がある場合は厳重な注意が必要です。ハチアレルギーはアナフィラキシーショックを急に発症し、反応後10~30分以内に対処しないと生死に関わる恐ろしいアレルギーです。
 通常は2回目に刺された場合に重大な症状が出るといわれますが、個人により異なり1回目でも症状が出る方も稀にいるようですので、注意が必要です。
花粉に対してアレルギー症状が出る花粉症、アトピーの方は特に注意が必要です。

  

ローヤルゼリー服用に関し、注意すべき重要事項

アレルギー体質の方は摂取の前に、必ず医師に相談して下さい。
服用許可が出た場合は、最初は少量を試す程度に服用し、アレルギー反応が出ないことを確認しながら摂取するようにして下さい。

アレルギー表示等、注意書きをよく読む

市販の食材やお菓子のパッケージにはアレルギーの表示が義務化されており、健康食品も同様です。例えば山田養蜂場のHP等でも喘息や食物アレルギーの方に対する注意事項が掲載されています。摂取する前に、注意書きをよく理解して、指示に従って下さい。
 

アレルギーはいつ発症するかわからないから怖い

現在アレルギー症状がない方でも、花粉症のようにいつアレルギーを発症するか特定することは難しいのが現状です。
食品を口にする際、最初は少量を試してみて、特に異常がなければ普段通りに摂取するようにすると良いでしょう。

ここまでローヤルゼリーとアレルギーの関係について見て来ました。
激しい温度差や、住環境の変化、身体的、精神的なストレス等が誘発し、アレルギーを発症する場合もあります。自律神経との関係も深いようです。
ローヤルゼリーには自律神経の乱れを整える働きがありますので、ローヤルゼリーを活用すると症状が改善されるかもしれません。

一部の口コミ等ではローヤルゼリーでアレルギーを克服された方もいるようですが、誰にでも同様の効果が望めるわけではありません。むしろ体を危険な状態に変化させる場合もありますので、専門医への相談が必要です。
ローヤルゼリーは薬ではないので、すぐに効果が感じられるわけではありません。
じっくり時間をかけて体に働きかける方法です。

健康な方は現状を維持するために、アレルギーや病気療養中の方は医師に相談しつつ、体調を考慮しながら、長年愛されて来たローヤルゼリーの効果をご自分で実感してみてはいかがですか。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのローヤルゼリー商品を探すのに役立ちます♪ アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど非常に多くの美容成分、健康成分が含まれたローヤルゼリーの総合実力ランキングページです。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング >>ローヤルゼリーの口コミ人気ランキングはコチラから

プロポリスの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのプロポリス商品を探すのに役立ちます♪ 天然の抗菌物質を取り入れて、免疫力アップ・がん予防に活用しましょう!プロポリスの総合実力ランキングページです。

プロポリスの口コミ人気ランキング >>プロポリスの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 ミツバチの力 All Rights Reserved.

このページの先頭へ