ローヤルゼリーと生ローヤルゼリーの違い、相違点とは?

本来ローヤルゼリーと呼ばれる食品は、働き蜂が分泌したばかりの新鮮な生ローヤルゼリーのことです。
市場に流通しているローヤルゼリーとは、生のローヤルゼリーを保存可能にするために凍結乾燥させ、飲みやすく加工した健康食品を含めてローヤルゼリーと呼んでいます。

そもそもローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは働き蜂が花粉等を食べて体内で分解、合成して分泌した物で、
本来は女王蜂だけが口にできる特別な食物です。
女王蜂は卵を産む特権を持ち、1日1500~2000個も卵を産み続けます。そのようなハードな仕事を栄養面で支えるのが、ローヤルゼリーなのです。
概ねローヤルゼリーとして販売されている物は錠剤やカプセルに入った固形タイプです。

生ローヤルゼリーとは?

採集した素材を活かすために不純物をろ過した程度でとても純度が高く、クリーム状の物が生ローヤルゼリーです。
 

鮮度が重要、生ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーは採集して間もない新鮮で、自然のままの食品です。
鮮度を保つために必ず冷蔵庫で保存しなければなりません。正に生鮮食料品と同じ扱いが必要となります。
とてもデリケートな食品で空気に触れると酸化してしまうため、取扱いにも細心の注意を払って製品化されています。

黄色い色味がやや強めのクリーム色です。

形状

生ローヤルゼリーはとろみのあるクリーム状です。

味覚

ピリッとくる刺激的な酸味が特徴で、そのまま摂取するのは抵抗があるでしょう。

香り

独特なクセのある香りが特徴。ほんのりお乳のような香りもします。蜜源に酔っても異なります。

※生ローヤルゼリーを摂取する上での注意点

要注意!蜂アレルギー、食物アレルギーや花粉症等、アレルギー体質の方

何らかのアレルギーがある方は、生ローヤルゼリーの摂取によりアナフィラキシーショック等の重いアレルギー症状を発症する可能性があります。
生ローヤルゼリーは純度が高く、加工された物よりアレルギー反応を起こす可能性も高くなります。
アレルギーの方は摂取を控えて下さい。

熱に弱い

生ローヤルゼリーは熱に弱いので、熱い飲み物と一緒に摂取することは避けましょう。

酸化を招く金属スプーンは避けよう

摂取する時、金属スプーンを入れると反応して生ローヤルゼリーが酸化してしまいます。
付属のスプーンを使用するか、プラスチック製のスプーンを使用しましょう。

冷蔵庫で保存、長期なら冷凍保存

生ローヤルゼリーは鮮度が大切です。必ず冷蔵庫か冷凍室で保存して下さい。また摂取
時には冷蔵庫から長時間出したままにしないことも大切です。

雑菌繁殖による、劣化を防ぐために

一旦開封すると、酸化しやすくなります。更に使い回したスプーンでの摂取、何人もの人が共有で摂取した場合は雑菌が入りやすくなり、品質が損なわれてしまいます。
生ローヤルゼリー専用のプラスチックのスプーンを決めておいた方が良いでしょう。

生ローヤルゼリーとお茶との関係

お茶の成分タンニンは、生ローヤルゼリーの鉄分の吸収を損なってしまいますので、一緒に摂取することは控えた方が良いでしょう。

胃酸に弱い、生ローヤルゼリーの摂取方法

そのまま生ローヤルゼリーだけを食べる場合

生ローヤルゼリーの特徴として、胃酸に溶けやすい性質を持っています。
通常の食事と同様に摂取した場合、せっかくの栄養価が損なわれてしまうので食べ方を工夫する等の注意が必要です。

舌下から吸収

生ローヤルゼリーをスプーンですくい、舌の下に入れてしばらくすると、自然と体に吸収されていきます。独特の風味も気にならないので、おすすめです。

単独ではどうしても食べられない場合

生ローヤルゼリーのままでは風味が気になり食べられない場合もあります。
プラスチックのスプーンの中でローヤルゼリーにハチミツやヨーグルトを加えて、かき混ぜた後、口の中に入れて転がす感覚で、吸収させてから飲み込んで下さい。

ドリンクと混ぜて

ローヤルゼリーは熱に弱いのが難点です。
ジュースや乳酸飲料等の冷たい飲み物に生のローヤルゼリーを加え、よく混ぜ合わせてから飲むと良いでしょう。
 

ローヤルゼリー・生ローヤルゼリーの共通点…主な栄養成分

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン類、ミネラル類等の栄養素が豊富です。
特に必須アミノ酸、アミノ酸、ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸、美容ビタミンのパントテン酸等多数。

ビタミン類…ビタミンB1・ナイアシン・パントテン酸

ローヤルゼリーには疲労回復や生命維持に必要なビタミンB1・脳神経に影響を与えて性ホルモンを生成する働きをするナイアシン・ウィルスから体を守り、ストレスに対抗する美容ビタミンパントテン酸等が含まれています。

ミネラル類…メンタルにも影響する鉄・亜鉛等

ローヤルゼリー・生ローヤルゼリーには、鉄・亜鉛・銅・マンガン・リン・マグネシウム・カルシウム・カリウム・ナトリウム等のミネラル類が豊富に含まれています。
ミネラルは体に必要な栄養素ですが、食事だけで十分な量を摂取するのは難しく、ローヤルゼリー等を利用すると栄養補給が手軽に出来ますね。

鉄分

鉄分は全身を巡る血液と深い関係があり、不足すると疲労感や貧血の症状が見られます。
赤血球に含まれるヘモグロビンは鉄から合成されるため、十分な鉄補給が重要です。
不妊にも鉄不足が関係しているとの見解があります。

鉄分とメンタルの関係性

鉄分不足と自律神経失調症やうつ等のメンタル不調と大きく関係していることが解明されています。心身の健康のためには十分な栄養補給が必要です。

亜鉛

亜鉛は体内での合成が不可能なため、必ず食品から摂取しなくてはなりません。
主に味覚、成長・発達、皮膚、ホルモン等に作用します。
特に生命維持に欠かせない酵素を構成する重要な成分でもあります。

亜鉛の効用

傷の回復、皮膚関連の疾患や脱毛の改善が可能です。
ホルモンにも作用し、インスリンの機能にも大きく関わっています。

ローヤルゼリーと生ローヤルゼリーの効用

生活習慣病の予防と改善

本来ローヤルゼリーには、血糖値やコレステロール値、高血圧の数値を正常値に近づける働きがあり、生活習慣病の予防や改善に役立ちます。

更年期障害やアンチエイジングと美容効果

女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。閉経前後、性ホルモン分泌の減少から起こる更年期障害の症状を改善する効果があります。
ローヤルゼリーは間脳を若返らせる働きがあることも解明され、アンチエイジングにも役立ちます。

ここまでローヤルゼリーと生ローヤルゼリーの相違点について見て来ました。
生ローヤルゼリーは鮮度が重要となるため、国産が多くその希少性から価格も高価で、純度が高い分、効果が出るのも早まる場合が多いです。

一方で蜂アレルギー、花粉症、食物アレルギーの方は、アナフィラキシーショックが起こると命に関わりますので、摂取を控えて下さい。
ローヤルゼリーで、栄養を体内に巡らせると、心も体も元気で前向きになりますね。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのローヤルゼリー商品を探すのに役立ちます♪ アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど非常に多くの美容成分、健康成分が含まれたローヤルゼリーの総合実力ランキングページです。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング >>ローヤルゼリーの口コミ人気ランキングはコチラから

プロポリスの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのプロポリス商品を探すのに役立ちます♪ 天然の抗菌物質を取り入れて、免疫力アップ・がん予防に活用しましょう!プロポリスの総合実力ランキングページです。

プロポリスの口コミ人気ランキング >>プロポリスの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 ミツバチの力 All Rights Reserved.

このページの先頭へ