ローヤルゼリーの摂取量はどのくらいが目安?

ローヤルゼリーは体調をじっくり改善する効果がたくさんあります。

医薬品ではなく健康食品なので、解熱剤のように飲んですぐに効果があらわれるものではありません。そのような健康食品の場合、摂取量の決まりはあるのでしょうか。
効果的に摂取するための、摂取量や方法について見て行きましょう。

医薬品でない健康食品、ローヤルゼリーの摂取量とは?

ローヤルゼリーはケガや病気を具体的に治療する即効性のある医薬品ではなく、摂取することで健康状態に改善する健康食品です。そのため規定の摂取時間や摂取量は定められていません。
一般的にローヤルゼリー摂取量は1日約500㎎~3000㎎が適していると言われています。
 

控えたい、一度に大量の過剰摂取

効果を期待する余り一度に多く飲むことは、体調に負担がかかる場合がありますので、おすすめはできません。
ローヤルゼリーについて様々な研究が進み、多くの効用も解明されて来ましたが、まだ不明な点も多いのが現状です。
急な過剰摂取が原因で突然アレルギー症状が出る可能性も否定できませんので、体調を観察しながら、1日の摂取回数を調節する等、自分のペースで少しずつ体に慣らして行くことが大切です。

ローヤルゼリーの摂取方法

ローヤルゼリーには40種類以上の豊富な栄養成分が含まれています。栄養が全身に行き渡ることで、高血圧、糖尿病等の生活習慣病や、更年期のスッキリしない体調不良を改善することが出来ます。それは血圧やコレステロール値を正常に戻す効果や、加齢による男性ホルモンと女性ホルモンの減少を補う効果がローヤルゼリーに存在するためです。
ローヤルゼリーには多くの効能があるので、効果的に摂取するにはポイントがあります。

詳しく見て行きましょう。

ローヤルゼリーの種類

ローヤルゼリーには錠剤やカプセルのサプリメントとして加工された乾燥ローヤルゼリーと、自然素材を活かしたままの生ローヤルゼリー、更に生ローヤルゼリーの含有量が全体の6分の1以上を条件として、乾燥ローヤルゼリーや他の添加物を含んだ調剤ローヤルゼリーの全3種類があります。

サプリメント

自然のままの生ローヤルゼリーを冷凍乾燥させ、飲みやすく加工したものです。保存可能期間も生ローヤルゼリーよりかなり長く、保存管理も簡単で、手間がかからず便利です。

生ローヤルゼリー

素材を活かすために自然のまま採集した物で、生だからこそ純度が高く、効果を実感する時期が早まります。鮮度が重要なので冷蔵か冷凍保存が必要。
雑菌も入りやすいため、取扱いにも注意することが大切です。

摂取する効果的な時間

基本的に1日の摂取量の目安、約500㎎~3000㎎を考慮すれば特に制限はありません。1日1回、もしくは数回に分ける等、自分の体調に合わせて調節して下さい。
例えば1日を元気に過ごしたい場合は朝、仕事で疲れた時には夜に飲む等です。または特に疲れた時には少しだけ量を増やすといった方法等、色々試してみて下さい。
自然由来の健康食品のため即効性のある医薬品ではありませんので、効果がすぐに見られるわけではありません。
じっくりゆっくり、体調の変化を実感して下さい。
 

ローヤルゼリー摂取で注意したい、食物アレルギー

ローヤルゼリーを摂取する際、注意したい点はアレルギー体質の方の場合です。
基本的に喘息、花粉症、蜂・食物アレルギーの方は、ローヤルゼリーは控えた方が良いでしょう。
ほとんどの製品には購入前に確認できる効能等の詳細欄がありますので、ご自分の体質と照らし合わせて判断することが大切です。また服用中の薬がある方は、医師に相談して許可が出てから摂取するようにした方が良いでしょう。

食品表示をチェックしよう

卵、乳、小麦、そば、落花生、エビ、カニは食品アレルギー表示が義務化されています。
それ以外でも最近果物アレルギーが増えているようです。

ナッツ・果物アレルギー等、自然食が原因のアレルギー

自然食品でも注意が必要です。摂取後顔や体に発疹やかゆみ、皮膚の赤味等がないかチェックすると、アナフィラキシーショック等の深刻なアレルギー症状を事前に知ることが可能となり、突然の発症に備えることが出来ますので、試してみて下さい。

アレルギーは子どもだけでなく、大人になってから突然発症する場合もあり、特にアナフィラキシーと呼ばれるアレルギー症状は、ショック状態に陥り命に関わりますので、薬や食物を摂取する場合は注意が必要です。

注意書きをよく読んでから摂取する…要注意、食物・薬アレルギー

いくら体に良い物でも規定の指示通りに摂取しない場合は、逆に害になり思わぬ病気にかかってしまうこともあります。
自分の健康を守るためにも食品・医薬品・健康食品等は、購入前や摂取前に必ず、注意書きをよく読んで納得してから摂取することが重要です。

※アレルギー反応に要注意、市販の風邪薬等での重症化、死亡例等
市販の風邪薬や痛み止め等を摂取後、副作用で重症な病気に襲われ苦しんでいる方もいます。それは薬のアレルギー反応によるものです。
近所のドラッグストアやインターネット上で気軽に購入出来る市販品により、思わぬ病気に襲われて、死に至る場合もありますので、注意が必要です。
初期症状が出た場合、摂取後違和感がある時は、必ずすぐに医師に相談することが大切。発見と対処の時期が早いほど、副作用による進行を食い止め重症化を防ぐことも可能になります。

あくまでも風邪薬などでの死亡事故でありローヤルゼリーではありませんのでご安心ください。

主な重症疾患例

重症な後遺症や死亡例の多くは薬の副作用で、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性皮膚壊死融解症、肝障害、腎障害他です。
スティーブンス・ジョンソン症候群は特に重症で、高熱、目の充血等の異常、粘膜・皮膚の異常がみられます。

ここまでローヤルゼリーの摂取量や摂取方法等についてみてきました。
自然の素材が活きているローヤルゼリーは、栄養がたっぷり体にしみ渡ります。
体に負担をかけないように、摂取量の目安を参考にして、体調の改善に役立てて下さい。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのローヤルゼリー商品を探すのに役立ちます♪ アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど非常に多くの美容成分、健康成分が含まれたローヤルゼリーの総合実力ランキングページです。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング >>ローヤルゼリーの口コミ人気ランキングはコチラから

プロポリスの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのプロポリス商品を探すのに役立ちます♪ 天然の抗菌物質を取り入れて、免疫力アップ・がん予防に活用しましょう!プロポリスの総合実力ランキングページです。

プロポリスの口コミ人気ランキング >>プロポリスの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 ミツバチの力 All Rights Reserved.

このページの先頭へ