品質管理と鮮度が魅力、希少性の高い国産ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには国産と外国産があり、現在流通している製品の多くは外国産です。国産は養蜂家の高齢化と後継者不足による養蜂家の減少が原因で、採集量が限られて国産は養蜂家の高齢化と後継者不足による養蜂家の減少が原因で、採集量が限られるため、国産のローヤルゼリーは大変希少価値の高い製品であり従って価格も高額です。

ここでは国産の特徴について見て行きましょう。

国産のローヤルゼリー

国産でも多くの企業がローヤルゼリーを販売しており、ある程度国のチェックも働くためその多くは生産管理をきちんとしていますが、食品の場合はより安全性を確認が必要です。厳しい製造・管理体制を実行している企業は、概ね信頼を高めるために衛生面・安全面を明確にアピールしているはずですから、購入の際は販売業者のHP等で製造方法や管理状況を自分の目で確認することが大切です。

国産のメリット

国産のメリットの1つには国産ローヤルゼリーの環境や材料の安全性、きちんとした品質管理があります。
花が育つ健全な土壌と残留農薬に対する見解・PM2.5等の大気汚染は、原料の花にも影響が及び健康食品であるローヤルゼリーの品質にまで深く関わって来るからです。

メリットの2つ目は鮮度です。国産は配送ルートも確立されているので、外国産と比べて、より鮮度の高い製品を購入出来る点です。

国内産のデメリット

国産のローヤルゼリーのデメリットは、比較的価格が高いことです。特にローヤルゼリーは効果が出るまでに時間がかかるので、費用を考えると、購入にも迷いが出ます。
国産の製品が高価な理由としては、外国と比較するとコストが多くかかります。例えば人件費や敷地建物等を含めた管理費等の固定費です。従って当然その分が上乗せされ、ローヤルゼリーの価格も必然的に高くなってしまいます。

輸入の大半をしめる、ローヤルゼリー外国産事情

国産のローヤルゼリーが希少性を増す一方で、市場に出回る大半が輸入製品です。
ここでは国産と対比して、外国産の製造・管理の現状についても見て行きましょう。

外国産の現状

ローヤルゼリー関連製品の輸入先としては中国が全体の約90%と最も多く、他には台湾、タイ、オーストラリア等。製品の鮮度を保つために特に近隣の国からの輸入が多くなっています。
生産国の食品に関する事情が異なるので、外国産のローヤルゼリーの安全性には多少不安がありますが、もちろん品質管理をきちんとして安全性のある商品もあります。
購入や摂取の際は企業情報もチェックして、安全性を確認することが大切です。

環境が製品に影響するローヤルゼリー

ローヤルゼリーは働き蜂が食べた花粉等を体内で生成した物質なので、品質には環境の影響が大きく関わって来ます。
日本では食の安全性に対する関心が高まる中、一方で輸入先での花が育つ土壌や大気汚染への懸念が拭い切れません。
国内には(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会という組織があり、ローヤルゼリーを消費者に安全に届ける業務も行っています。
所属のローヤルゼリー取扱い企業の国産、輸入産共に厳しい観点で安全面をチェック。審査を通過した製品には(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会のマークが貼付されていますので、目安にすると良いでしょう。

参考例 山田養蜂場の場合

参考として国産・海外産を製造販売山田養蜂場のシステムについて見て行きましょう。
ローヤルゼリーの品質の決め手となる、環境の選定は特に重要で国内・海外での直営や提携養蜂場では蜜源・起源植物の有無に加え、近隣の農薬にも配慮して生産に取り組んでいます。

中国での生産管理例…環境の選択条件

山田養蜂場では生産地を選ぶ場合2つの基準を設けています。気になる残留農薬対策として、①ミツバチが行動する半径3㎞以内に農薬散布をした農場がないこと、②半径30㎞以内に大気汚染が懸念される化学工場がないこと、この2点がクリアできる生産地を選んでいます。

採集記録の明確化

製造管理の目的と、消費者に安全性の情報提供するために産地、日にち、採集者を記録しています。

集めたローヤルゼリー原料の品質チェック

消費者が気になる、農薬や抗生物質等が含まれていないかを厳しく検査しています。
特に消費者が安全性の情報収集を望む海外で生産した製品に関しては、自社以外の公的分析機関でも検査を行い、全8回品質検査が実行されます。

製品化へ向けての厳しい精密な検査

全ての検査を通過したローヤルゼリーの原料から、酵素分解の後に製品化します。
細かい成分の品質分析、検査をして、成分の有用性と安全性を厳密にチェック。

製品の梱包迄の最終検査

製品をビンに入れ、出荷する最終工程です。
ビンへの異物混入、余計な付着物がないか金属探知機や重量でも厳重にチェック。
梱包の際は配送用のパッケージの汚れ等も含めた最終的な検査が行われます。

ここまで国産のローヤルゼリーの特徴と、一例として山田養蜂場の外国産の環境対策と製造のシステムについて見て来ました。
原料、製造・管理の面でも安心出来て、更に高品質な国産のローヤルゼリーは、食の安全を重視する日本では好まれています。
その一方で価格が安い外国産でも、山田養蜂場のように厳密な管理体制の下で生産されている製品なら、安心出来ますね。

いずれにしてもローヤルゼリーには豊富な栄養が含まれており、病気やガンに対抗するパワーをあるほど頼りになる存在です。
健康維持のため、病気や体質改善のため、美肌のためにも是非、一度ご自身で試してみて下さいね。

参考・出典サイト

山田養蜂場 ローヤルゼリー(山田養蜂場の品質管理)

http://www.3838.com/shopping/camp/rjking_t7_m/?prid=pli_ad_aac_A02_Y563&sc_cid=pli_ad_aac_A02_Y563

社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会

http://www.rjkoutori.or.jp/mark/index.html

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのローヤルゼリー商品を探すのに役立ちます♪ アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど非常に多くの美容成分、健康成分が含まれたローヤルゼリーの総合実力ランキングページです。

ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング >>ローヤルゼリーの口コミ人気ランキングはコチラから

プロポリスの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめのプロポリス商品を探すのに役立ちます♪ 天然の抗菌物質を取り入れて、免疫力アップ・がん予防に活用しましょう!プロポリスの総合実力ランキングページです。

プロポリスの口コミ人気ランキング >>プロポリスの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 ミツバチの力 All Rights Reserved.

このページの先頭へ